冠婚葬祭時の金封を包むふくさ

ふくさとは絹や縮緬などで出来ている四角い布のことで、冠婚葬祭の際に持参する金封はこれに包むのがマナーとなっています。
これは持参する途中で袋がシワになるのを防ぐだけでなく先方の冠婚葬祭を大切に思うという日本独特の礼儀を重んじることからきているため、裸で金封を持参することは先方に失礼であるといわれています。
これは主に慶弔金を収めた金封を包む手ふくさの他にも簡易の切手盆とセットになった台付きのものや金封を挟み入れる財布状のものなどがあります。
そしてお祝いごとには赤色や朱色を用い、お悔やみごとには緑色や藍色を用いるなど色が分けられています。
ちなみにお祝いごととお悔やみごとの両方に使用できるのは紫色です。
お祝いごとは左を中に折り込み、お悔やみごとは右を中に折り込むなど包み方も異なります。
さらに先方宅に持参する場合や会場に持参する場合などで手渡し方も異なります。
日本独特の正しい礼儀で持参することが大切なのです。

旅行付きにオススメの婚活

Copyright© 冠婚葬祭 ふくさ All Rights Reserved.